オタク

「 脱オタクファッション 」最近のオタクは見た目もカッコいい【男性】

こんにちは。ルカです(rukamangavocalo)

 

オタクはダサい。こんなイメージは一昔前で、今では見た目からはオタクだとわからないほどみんなカッコイイです。

ファンション業界は流行の変化が早いですが、現在のオタクもオタク趣味以外にそういった流行りもうまく取り入れてるんではないでしょうか?

見た目がよければそれだけで印象も変わります。

 

オタク趣味を堂々と満喫できます。

 

 

ネオテクト加齢臭効果

脱オタクファッションのオタクたち

見た目で人を判断するのは偏見でよくありません。

しかし「オタクってダサいじゃん」というイメージがどこか抜けないのも悲しい事実。

そう思っていましたが最近のオタクというものはパッと見ではわからなくなってきています。

 

オタクというとリュックを背負って、チェック柄のシャツをズボンの中にインして、白いソックスを履いている、、なんていうのは過去の話。

今ではファッションを楽しんでいるんじゃないかというくらいかっこよくなっています。

 

なぜそのようにかわってきたのでしょうか?

 

『オタク』が一般化してきた

オタクというと肩身が狭い思いをしたことがあるんではないでしょうか?

それが今ではオタクでも堂々としていますし自信に満ち溢れている。

好きなものを堂々と公言して趣味に没頭している。そんな人が増えたな~と思います。

 

部屋の中がアニメグッツだらけで買うものはアニメ関連のものばかり、出かけるときは決まってアニメイトが行き先に含まれていて何時間もいられる。

好きな格好のコスプレして街中を堂々と歩いている。

 

こんなふうに自分の好きなことを楽しんでいる人が多くなったなと思います。

世間からの風当たりというか見られ方も「それは個性」ととらえられるようになってきたのかなと思います。

 

芸能人にオタクが増えた

芸能人は言うまでもなく人から見られる仕事なので、衣装はもちろん私服もしっかりしています。

そんな芸能人にもオタクはいますし、最近ではそれを公言している人も多いです。

 

以前ならマイナスなイメージの要素と思われていたことが「本人の個性」と捉えられ、それが普通に浸透している時代になったなと感じます。

そんな世の中だからこそ、オタクだろうと関係なく人生を楽しめている人も多くなったのかなと。

 

前に書いたかなとも思うんですが、好きな趣味に没頭できるオタクの方が人生の幸福度は高いんじゃないかとも感じています。

 

男性の化粧やスキンケア

化粧は女性がするもの。この考え方ももう古い。今では男性も自分をよく見せるために、化粧やスキンケアをしっかっりとやっている人が多くなっています。

オタクかどうかは別として、男性目線で考えたときにこれはすごいこと。

 

「オタクは清潔感ない」とか思われていた時代はずいぶん前で、男性が肌のスキンケアとか普通の時代で、そういったことがオタク男子でも徐々にスポットがあたる時代になってきたのかと思います。

オタクだろうがファッションセンスよくて、自身のスキンケアしてるとか、ちょっと意識高いなと思いますよね。

 

まだ使ったことがない、初めてだと何から使えばいいかわからない、最初は誰でも思います。そんな悩みを抱いたらまずは一回試してみるのはありです。

・洗顔+化粧水のセット
グランディム L.Cシリーズ 初回限定62%OFF

まとめ

現在のオタクはかっこいい。自信を持っていいと思います。

個性が生きる時代だからこそ、オタクという文化も認められて、好きなことをやっていけます。

これからは「オタクはダサい」なんて言われませんよね!

オタク趣味もファッションも楽しみましょ!

 

 

 

服選びが苦手な場合は・・

脱オタファッションは何からやればいいかわからない。そんなあなたのために全てお任せできるサービスも!プロに任せてみるのもありです!

 

パーソナルスタイリスト

 

男性専門ファッションコーディネート代行サービス
ABOUT ME
ルカ
初めまして。 20年以上マンガくらいしか趣味がなく生きてきたオタクのルカといいます。今まで見てきて面白かった、感動したマンガはもちろん、オタクで内向的な性格の私が人生で体験したエピソードも含め、こんな私でも何かに打ち込めるものを作りたい!と思い立ったためブログを書いています。人生一度きりなので後悔よりも挑戦し、毎日新しい発見を求めて日々過ごしています。

☆この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

面白かった、参考になったと感じたら応援クリックお願いします!

よければまた次の記事も読んでいただけると幸いです。