漫画おすすめ

【 長編漫画 】飽きることなく読めたもの【15選 】

こんにちは。ルカです。

 

気づけば20年以上漫画を買い続けていますが、振り返ってみると短編漫画より長編漫画を買うことが多いなと思いました。

楽しみがすぐに終わってほしくないという願いと、どっぷりハマれる時間がほしいのがかさなって、選ぶ漫画は長編が多かったです。

 

そこで、本棚に並ぶ漫画の中から「飽きずに読めたな~」と思うものをピックアップして紹介します。

あくまで個人的な感想なので、ちょっとした参考として見てくれたら嬉しいです。

 

それではいきます!

 

長編漫画で飽きることなく読めたもの

長編漫画のカテゴリーはどこからなのかという疑問も飛び交っていますので、個人的に「長いな」と思った20巻以上の物をピックアップしています。

 

ジョジョの奇妙な冒険





第一部から読む

連載が開始されたのが1986年からとかなり昔の漫画です。当時中学生だったころ友達から借り、その時50巻くらいまで出ていた漫画を2週間くらいで一気に読んだのを覚えています。

学校が終わって家に帰ったあと夜中までずっと読み続けるくらいハマった漫画でした。

 

最初の波紋での戦いや、その後出てくるスタンドを使った死闘などはゲームでも再現され、ひたすら技を磨いたのが懐かしいです。

ジョースター家が何世代にも渡り敵と戦う物語は、それぞれの時代で違った面白さがあり、読者をその世界に連れて行ってくれます。特にスタンドを使った戦いは戦いをより複雑にして面白くしてくれましたね!

 

ベルセルク




1巻から読む

この漫画は比較的大人になってから読み始めたのですが、職場の先輩に「ベルセルク面白いから読んでみな」と言われるまで知らない漫画でした。

独特な絵のタッチで私が購入しない感じの漫画だったので買うときは躊躇しましたが、読んだらその世界観に没入する衝撃の漫画です。

 

主人公のガッツと鷹の団の団長グリフィスとの掛け合いは、『友情』という一言では表せないほど、様々な思いが交差する内容の濃い漫画。

漫画ならではの細部までこだわった絵は圧巻です。

ガッツが一人魔に立ち向かう戦いは、果てしなく続くんじゃないかと読者も絶望を感じますね。

 

ソウルイーター




1巻から読む

ストーリー設定がおもしろい漫画。

死武専(死神武器職人専門学校)で職人を目指すもの、武器を目指すもの、それぞれに生徒がいて、二人一組で活動する学園モノの漫画。

最強の職人と武器になるべく、生徒たちは悪人の魂99個と魔女の魂1個を集めデスサイズを目指します。

 

主人公のマカとソウル、圧倒的存在感のブラックスター、死神様の息子デスザキットなど個性的な生徒たちや、魔女や鬼神といった敵との死闘、職人と武器の魂の共鳴など、バトル系が好きな人ならハマる要素多いです!

個人的に著者の大久保篤先生の絵が好きです!

 

嘘喰い




1巻立ち読み

斑目貘(通称嘘喰い)という一人の凄腕ギャンブラーが、ギャンブルの力だけで世の中を渡り歩く物語。

出てくるギャンブルの種類やゲームなどはどれも頭を使った頭脳戦で、それを次々に突破していく嘘喰いは紛れもなく本物のギャンブラーです。

 

過去に失った力や大金を取り戻すため、賭博の秘密組織「賭郎」の『屋形越え』に挑み、その座を奪い取るまで壮絶な死闘が続きます。

ギャンブルをやっている人なら自分も嘘喰いのようにすべての賭け事で勝てる!と思って熱くなる漫画かもしれません。

 

ディーグレイマン




1巻立ち読み

 

アレン・ウォーカーという青年が主人公の人間対悪魔の物語。

黒の教団のエクソシストという悪魔を倒す専門の職につくアレンですが、知られざる過去を持っていたり、教団の仲間と悪魔を倒すために奮闘する姿がグッとくる漫画です。

 

イノセンスとよばれる力を適合できたものは悪魔に対する力を有することができ、戦いの中でその能力を開花していきます。

悪魔側が強すぎて読んでいるこちらはどうなるか予測が難しい漫画で、味方側が次々と倒されていく展開は鬼気迫るもの。

 

悪魔を殲滅することができるのか、今後の展開も気になる漫画です。

 

20世紀少年




20世紀少年 完全版

結構昔に読み終えた漫画ですが、印象としては『謎』が多い漫画だった気がします。

物語の主人公たちは、幼い頃に思い描いた未来が今現実になっていることを感じ、その中で出てくる『ともだち』の存在がすべてに関係してくることに気づいていきます。

 

世界を滅ぼすウイルスの驚異や、それらから人々を守るために作られた地球防衛軍、ウイルスが驚異となった事件「血の大みそか」など、現代の近未来とは別な、まさにタイトル通り20世紀に起こりそうな事件を題材にしたストーリー。

 

進撃の巨人




1巻立ち読み

タイトルにものすごく惹かれ、同時に1巻の表紙の絵に圧倒されて買ったのを覚えています。

多くのコアなファンが熱狂するほど面白く、また伏線回収が読者を引き込む、説明不要、読む一択の漫画です。

 

巨人がはびこる世界に住む主人公エレンの思想や、巨人から人類を守るべく団結した組織『調査兵団』で人類最強と言われるリヴァイ、頭のきれるアルミン、エレンと共にすごしてきたミカサなど、多くキャラたちの個性や性格や行動にも目が離せない見どころがあります。

人間の思想や行動が複雑に絡むストーリーや、巨人との鬼気迫る戦い、登場人物の背景も語り尽くせないほどボリュームのある漫画です。

 

七つの大罪




1巻立ち読み

キャッチーな絵のキャラに対してストーリーがかなり面白い漫画で、私の印象ですが物語の進む展開も早く、テンポよく読める漫画です。

魅力あるキャラたちのおかげでそれぞれの個性が目立つのが特徴だと思います。

 

【憤怒の罪】メリオダス、【嫉妬の罪】ディアンヌ、【強欲の罪】バン、【怠惰の罪】キング、【色欲の罪】ゴウセル、【暴食の罪】マーリン、【傲慢の罪】エスカノール、の7人の騎士団が旅をしながら魔神族と戦うストーリー。

 

戦いで濡れ衣をきせられたメリオダスが名誉を回復し、リオネス王国やエリザベスのために戦い抜く中、実は自分が魔神族であることを隠しながらも平和を目指す姿はジーンとくる場面も。

次から次へと展開する物語にワクワクしながら読めると思います。

 

バクマン




1巻立ち読み

大好きな漫画の一つです。この漫画を読んだおかげで漫画というものがいっそう好きになりましたし、漫画家を目指してみたいと思いました。

 

ストーリー設定も好きで、漫画家を目指す主人公の二人が夢を叶えるべく、あれやこれやに奮闘する姿が読み手に伝わってきて、おもわず『がんばって』と心の中でさけびたくなるような展開も面白い。

細かく説明される漫画家の仕事内容や編集の仕事、ジャンプという大舞台で活躍するための困難な道のりなど、漫画家を目指す読者にとっては他にない!というくらい熱のこもった漫画です!

 

家庭教師ヒットマンREBORN!




1巻立ち読み

ギャグセンスの多い漫画ですが、途中からゴリゴリのバトル系漫画になっている漫画です。

特に設定が秀逸で、何をやってもダメな中学生の主人公沢田綱吉をマフィアのボスにするためにあらわれた赤ん坊のリボーンが、スパルタだけど優しく教育をしていき、本人の沢田綱吉も少しずつたくましくなっていく姿を見せる漫画。

 

ボンゴレファミリーというマフィアのボスになるべく、やりたくない戦いに必死に立ち向かう綱吉の挑戦、それぞれのマフィアに継承されてきたリングを巡った戦い、リボーンのような赤ん坊アルコバレーノの秘密などなど、読み応えのある漫画です。

 

 

鬼滅の刃




1巻立ち読み

言わずと知れた知らない人がいないんじゃないかってくらいの漫画です。

読んだことのない人向けに書きますが、内容もおもしろいです。

 

家族を鬼に殺された主人公炭治郎は、鬼に復讐するために唯一生き残った妹禰豆子をつれて、鬼の頭である鬼舞辻無惨を倒すべく旅に。

生き残った妹も鬼にされたが必ず人間に戻すという使命のもと、剣術を学び鬼殺隊にはいり迫り来る鬼を倒す日々を過ごします。

 

この漫画で感じたのは、主要な人物も死んだり倒されたりしてなかなか絶望感のあるストーリーなのに、どこかで必ず勝ってくれるという期待感を感じさせてくれるところが伝わると思いました。

圧倒的に不利な状況から炭治郎でさえ諦めかける場面がある中、まさに奇跡的なできごとがおこったり、そんな状況下での心の声が読者に伝わってより物語に集中できる場面がおおくあります。

圧倒的人気になったのもうなずけます!

 

僕のヒーローアカデミア




1巻立ち読み

読み始めたのがだいぶ遅く、かなり後発組になってしまいましたが、その面白さにどハマリした一人です。

 

ストーリー自体王道のバトル漫画で、ダメな主人公がどんどん強くたくましく周りを追い抜いていくという爽快感もありつつ、バトルシーンでのアクションや技など少年誌ならではの表現も魅力です。

 

個人的に一番すごいなと思うことは、たいてい主人公側や味方のほうに話題や人気がでがちですが、敵側のインパクトがエゲつないのが読んでいて驚く部分です。

敵側のボス、死柄木弔が敗戦を期に戦いの中でどんどん強くなりその存在感や強さを止められなくなる状況や、オーバーホールのように絶対的強者の存在など、読んだあとも強烈に記憶に残るインパクトはすごいものです。

 

フェアリーテイル




1巻立ち読み

バトル系漫画で魔法を使ったものも多くあると思いますが、この漫画はキャラもその個性も魅力的なうえに、物語の設定もスケールが大きくてかなりオススメな1冊です。

 

ドラゴンに育てられた主人公のナツがギルドに入って任務をこなすなか、ギルドに集まる仲間たちと共に数多くの冒険に挑む描写はワクワク感満載です。

ドラゴンに育てられた出生の秘密やドラゴンを倒せるというドラゴンスレイヤーの存在理由、魔道士ギルドフェアリーテイルでの毎日のドタバタ劇も見どころです。

魔法を使ったバトルは大迫力のシーンが満載!

 

シャーマンキング




1巻立ち読み

シャーマンと呼ばれる霊能力をもった主人公の麻倉葉が、その頂点を決めるシャーマンファイトに出場してシャーマンキングを目指す物語。

 

それぞれのシャーマンは持霊と呼ばれる自分専用の霊を連れていて、その霊に付随した技や能力を駆使して戦うことができます。

能力が異なる分、戦う相性や組み合わせで強さが変わったり、本人の能力に由来するなど、バトルにおいては自分自身の強さも必要になってくるシビアな戦い。

 

しかし葉自身はかなりゆるい性格で「なんとかなる」が口癖で、楽に生きられる世界を作るためシャーマンキングを目指すことに。

 

霊をバトルに駆使するというコアな設定と、その霊の種類や能力の多さには驚かされます。

絵のタッチが独特でカッコイイのも魅力の一つです。

 

ナルト




1巻立ち読み

一番好きな漫画はやはりこれです!

王道忍者漫画の最高傑作といっても過言ではない、すべての漫画ファンに読んで欲しい一冊です。

 

落ちこぼれ忍者の主人公ナルトの、成長と生き方が存分に詰まった大ボリュームの忍者漫画で、忍術を駆使したバトルシーンは画力のスゴさも物語ります。

 

同期のサスケとサクラ、カカシ先生率いる第7班であらゆる任務をこなし、ともに切磋琢磨し成長してい姿はその後も大きな力に。

サスケは同族を殺した兄に恨みをいだき、復讐のために強くなろうとする姿に闇を抱えます。

里を抜けナルトと対立し別々の道をすすんだサスケでしたが、そんなサスケをもナルトは見捨てず助けるために、自分の道を曲げずに進む姿はしびれます!

 

忍びの国の大国同士の戦い、それぞれの国の特化した忍術の数々、忍びの世界という厳しい状況で繰り広げられる人間ドラマなど、語り尽くせない魅力がつまった漫画です。

 

 

最後に

長い記事でしたが読んでいただきありがとうございます。

要点だけを書いてきたのでなかなか伝わらない部分も多かったと思いますが、どの漫画も読み応えある漫画です!

 

自粛期間でなかなか思うようにできない日が続きますが、漫画でも読んでその世界にハマってみると違った毎日を過ごせるかもしれません。

まだまだ書ききれないことがありますが、今回はこのあたりで!

 

また次の記事も読んで頂けたら幸いです!

 

 




電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ABOUT ME
ルカ
初めまして。 20年以上マンガくらいしか趣味がなく生きてきたオタクのルカといいます。今まで見てきて面白かった、感動したマンガはもちろん、オタクで内向的な性格の私が人生で体験したエピソードも含め、こんな私でも何かに打ち込めるものを作りたい!と思い立ったためブログを書いています。人生一度きりなので後悔よりも挑戦し、毎日新しい発見を求めて日々過ごしています。

☆この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

面白かった、参考になったと感じたら応援クリックお願いします!

よければまた次の記事も読んでいただけると幸いです。