声優

【 アニメ声のコンプレックス 】自分の声を褒められることで悩みは強みに変わる

こんにちは!ルカです(rukamangavocalo)

 

☑︎自分の声がアニメ声で嫌い。

☑︎喋り方がちょっと変って思われてるかも。

 

そんな風に悩んで過ごしてきた時、コンプレックスだったことが実は個性になる。

そう気づけたらどうでしょうか。

 

なぜそう思ったのかと言うとアニメを観ていて気づいたことがあります。

声優という仕事。声だけで表現する仕事はめちゃくちゃ勇気がいるんじゃないか?そんなことを調べていたら声優の方々も実は元々コンプレックスだった人が多かったことを知りその凄さを感じました。

 

悩みを強みに変える。

 

自分のコンプレックスとどう向き合うか。

解決には少しだけ勇気を出して自分を信じてあげることです。

 

 

(ボイススクール無料レッスン)

 

アニメ声のコンプレックス

アニメの声優に憧れる。

自分の声にコンプレックスを持っているとそう思った人もいると思います。

 

『あのキャラって可愛い声』

『アニメ声だけど声優の仕事なら向いているかも』

 

声って非常に重要な価値があると思うんです。人それぞれ声って違うし、声の価値って意外と高いんだなと。個性という解釈もできます。

しかし本人としては自分の声にコンプレックスを持っています。

 

何故か鼻にかかる声だったり、聞き取りづらい、滑舌も悪い、学校での音読とかありえない。本当に話すのが嫌い。

 

そんなふうに思っている人がたった一つだけ解決に向かう方法は、自分以外の人から声を認められることです。

それまでマイナスの要素しかない自分の声を「いい声」って言ってくれる人が現れたら。

これってとんでもなく本人にとっては大きなことで、今まで人と話すのも少しためらっていた自分が話しかけに行くこともできるようになります。

 

声は個性でそれがその人の個性

その人にしかない声。そんな風に思えたら楽なんですが本人としては自分の声が嫌い。なぜそうなったのか。

それは人との付き合い方や、人と違うことが原因になっているのかなと思います。

自分は変だ、他人からはおかしいと言われる、こんなことが積もりに積もって自分のことを嫌いになってしまう。負の連鎖です。

 

しかしそんな人でも変わるきっかけというのがあります。

 

声優さんの記事を読んでいたときに「なぜ声優を目指したのか」みたいな記事を見ていると「自分の声を認めてもらえた」というのがありました。

他人に認められるだけで少しだけ自分にも自信がつくようになります。

 

コンプレックスを自分の武器に

そんな悩みを抱いていた声優の人たちも、ちょっとしたきっかけで声優を目指すようになったといっています。

有名な蒼井翔太さんでも記事の中で、不登校だったとき、友達に連れて行ってもらったカラオケで自分の歌声を褒めてもらえたことがきっかけと話しています。

今では声優さんたちも顔出ししてタレントや歌手活動など多岐に渡り活躍しています。元は顔が見えない仕事で活躍していた人が、色んな分野で成功しています。自分の声を武器に。

 

そんな人に勇気や希望を与えてくれる職業を楽しんで仕事にしている声優って夢ありますよね。

 

もしあなたも同じように悩み、自分の声をかくしているなら、どんな小さなきっかけからで未来を変えられます。最初から完璧な人いないですし、人は悩む生き物。

どこかで自分を認めてもらえたら、それを信じてあげられるかです。

 

悩みを強みに変えた声優。

自分の声で未来を切りひらいた人たちから、私たちも勇気をもらっているんだなと実感している今日この頃です。

あなたのそのコンプレックスも、きっといつか強みに変わるその日がきます。

 

 

(声で未来を切り開く)

 

 

ABOUT ME
ルカ
初めまして。 20年以上マンガくらいしか趣味がなく生きてきたオタクのルカといいます。今まで見てきて面白かった、感動したマンガはもちろん、オタクで内向的な性格の私が人生で体験したエピソードも含め、こんな私でも何かに打ち込めるものを作りたい!と思い立ったためブログを書いています。人生一度きりなので後悔よりも挑戦し、毎日新しい発見を求めて日々過ごしています。

☆この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

面白かった、参考になったと感じたら応援クリックお願いします!

よければまた次の記事も読んでいただけると幸いです。